効果抜群

赤ちゃんと乳酸菌の関連性

赤ちゃんは誕生してすぐの状態なら善玉菌の数がかなり多く、悪玉菌がないきれいな腸内です。
赤ちゃんの周囲には細菌が沢山ありますが、善玉菌、ビフィズス菌により保護されています。
それには乳酸菌が必要となります。

乳酸菌は赤ちゃんを様々な細菌から守る働きをします。
母乳も善玉菌を増やしますので、整腸作用もあります。
母乳で育つ赤ちゃんと他のミルクでは善玉菌の数に何倍もの違いが生じます。

しかし、その後は徐々に善玉菌が減っていき、悪玉菌が出てきます。
そのため、便秘をしがちになることがあります。
便秘の予防や解消、細菌から赤ちゃんを保護するためにも乳酸菌を赤ちゃんに与えることが必要となります。

乳酸菌は赤ちゃんの免疫力を高める役割も果たします。
病気を予防し、健康的に育つことが出来ます。
便秘だけではなく、お腹をこわすことや風邪などに感染することも防げます。

乳酸菌が含まれた飲料や食事で赤ちゃんの整腸を行ないます。
赤ちゃんのお肌も乳酸菌でケアできます。
アトピー性皮膚炎も改善します。

成長してからアレルギー体質になることも防げます。
赤ちゃんの便秘防止や他の細菌による感染症、後の体質のために、赤ちゃんに定期的に乳酸菌を摂取できるようにしてあげましょう。

↓乳酸菌は年齢とともに減少         ↓乳酸菌を効率よく摂取する方法
           

このページの先頭へ