効果抜群

植物性乳酸菌の種類に関して

植物性乳酸菌は身近なものになってきています。
野菜や果物、豆、米、麦などに含まれています。
それらに含まれている幾つもの糖分を発酵させ、食品にします。

現在、味噌や漬物が植物性乳酸菌を使用されて作られます。
ヨーグルトも作られています。
取り入れることで、免疫力が上がる、抗菌作用がある等の効果があります。

腸の粘膜にも影響します。
さらに、アレルゲンとも関係があります。
そのため、植物性乳酸菌を摂取することは様々な病気の予防につながります。

植物性乳酸菌が育つ植物は、栄養素のほとんど無い状態です。
その中で育った乳酸菌は強くて丈夫です。
胃と腸に生きたまま届き、動物性の乳酸菌よりも環境が整っていない中でも働きます。

ラクトバチルス・プランタラムとラクトバチルス・プレビスは漬物に使用される乳酸菌です。
日本の漬物だけではなく、韓国のキムチ、ヨーロッパのサワーにも使用されています。
味噌にはテトラジェノコツカス・ハロフイルスが使われています。

ペデイオコツカス・ペントサセウスは素材の香りを良くします。
さらに研究が続けられますが、食品だけではなく医療面でも活躍する見通しがあります。
動物性よりも沢山摂取できる丈夫な植物性乳酸菌で、免疫力や病気予防の効果を得ることが出来ます。

↓肌荒れも改善することできる乳酸菌


このページの先頭へ